太陽光発電とそのしくみ

地域にこだわらず、どこでもエネルギーを作ることができ、環境や自然にもやさしいエコ発電として注目されているのが、太陽光発電です。

屋根にソーラーパネルを乗せた建築物を多く見かけるようになりましたが、東日本大震災後の計画停電などで、電気の供給について考えなおす機会もあり、一般家庭や企業で、太陽光発電の設備を整えるケースが増加傾向にあります。

太陽光発電の原理は、太陽の光から電気が生まれるというしくみです。

簡単に言うと、半導体でできた太陽電池に太陽光が当たることで、原子がプラスとマイナスに分かれます。

太陽電池の半導体は、プラスが集まるP型とマイナスが集まるN型の2種類に分かれています。

プラスとマイナスの間に電圧が発生しますから、プラスとマイナスに電線をつないで、電気を取り出すことができるというしくみになっています。

太陽光発電は、太陽の光で電気を作ることができる、持続可能なエネルギーとして、注目が集まっています。

参考記事:太陽光発電スペシャルサポート【http://www.agarklub.com/

Comments are closed.