太陽光発電の今後の展望

太陽光発電は、屋根の上にソーラーパネルを乗せて、太陽光を集めてエネルギー化するのが一般的ですが、最近は農地などを利用して、パネルを地面に設置したり、オフィスビルの窓に薄いシースルー状のパネルを設置する方式や、道路に設置する方法など、新しい技術がどんどん発達しています。

地方の空いている大規模な敷地を利用したメガソーラーシステムは、今後の太陽光発電の中心になってくることが予想されます。

一般住宅への太陽光発電の普及率も上がり、今までのように、電力会社頼みの電力供給ではなく、災害時などにも停電になることがありません。

太陽光発電は、初期費用がかかりますが、将来的にはコストを抑えることができるため、最終的には初期費用を払っても、お得になるということが指摘されています。

使っていない土地がある人、自宅にソーラーパネルの設置場所がある人にとっては、自治体の補助金なども後押しになって、今後も太陽光発電の需要が高まりそうです。

This entry was posted in 今後の展望. Bookmark the permalink.

Comments are closed.