太陽光発電の耐久年数とは

太陽光発電のソーラーパネルを屋根の上に設置して、いったいどの程度耐久年数があるのだろうと考えたことはありませんか?難しそうな技術だし、設置するときは良いけれど、故障や劣化に際して、どうやって修理やメンテナンスを継続していけばいいんだろうと考える人も少なくないでしょう。

ソーラーパネルは、熱帯気象の国や、砂漠の真ん中、北極や南極といった極地でも使用されています。

厳しい自然環境でも、長期にわたって安定した電力発電が可能であることが、太陽光発電の良いところでもあります。

また、厳しい暑さや寒さの中でも、太陽光発電のソーラーパネルは長期にわたって使用されています。

一般家庭用のソーラーパネルは、メーカー寿命としては20年から30年程度とされています。

実際に使用可能な寿命は、それより少し長く35年から45年とも言われています。

消耗箇所の交換としては、15年程度でパワコンを交換します。

This entry was posted in 今後の展望. Bookmark the permalink.

Comments are closed.