太陽光発電で消費電力はまかなえる?

太陽光発電はエコだし、家計にやさしく良いことだと思うけれど、実際どの程度の発電力があるのだろうと疑問に思う人もいるでしょう。

太陽の光だけで、本当に充分な電力がまかなえるとは思えないと考える人もいるかもしれません。

電力は夏場、冬場のピーク時には、平均的な家庭でも相当の消費電力が必要になります。

太陽光発電だけに、天候や気象条件で、発電できる消費電力にもばらつきが出るのでは?と思ってしまいますよね。

太陽光発電では、平均家庭の1年の消費電力の、7割から9割をカバーできるような容量を目安にしています。

残りの若干足りない部分は、電力会社からの電力でカバーするというイメージです。

平均してほとんどの電力を、太陽光発電でカバーできるということは、電気代金が大幅に節約できるということです。

今まで支払っている電気代金を考えると、かなりの節約になることはわかります。

This entry was posted in 消費電力. Bookmark the permalink.

Comments are closed.